話題の介護脱毛は必要ない?!VIO脱毛の新常識

大人ビューティー

芸能人にも浸透しつつある、介護脱毛。

将来、介護のお世話をするほう、されるほう両方のためにと始める人が多いですが、中には「必要ない」と感じる人もいます。

介護脱毛とは

介護を見据えたVIO脱毛

そもそも介護脱毛は、将来、介護されることを想定し、アンダーヘア(VIO)を脱毛することを指しております。

おむつや、排泄などによる肌荒れやムレなども軽減できるため、介護する人にも不快感を与えずにすむことから、数年前から需要は高まり、多くのサロンや医院で「介護脱毛」の文字をみるようになりました。

最近では、介護脱毛をメインにしたサービスに特化したサロンやクリニックも増え始めています。

介護脱毛は、

  • 介護する方もされる方も不快感をうまないように
  • 介護のなかでもハードルの高い排泄でのトラブルを抑えるために
  • 肌トラブルなど、介護の中でも起こりうることを想定して

など様々な理由から始める人が多いとされています。

これからさらに進む高齢化社会では介護問題はかなり重要。
若い人たちにケアしてもらう時のためにも、「大人のマナー」として始める人も多いようです。

介護脱毛のニーズが高り、あの芸能人も実施済み!

高齢化社会が進む現代では、介護脱毛のニーズもかなり上がっています。関心の高まりは、芸能人の間にも広がっていて、なかには動画配信サイトやTVなどの取材で、介護脱毛したことを公表する人も増えています。

これまでは、若年層が中心だった脱毛市場ですが、近年はシニア層に拡大し、40歳以上でVIO脱毛をした人がかなり増えたというデータもあります。

脱毛には、エステでの美容脱毛や医療機関での医療脱毛など、種類はたくさんありますが、お金に余裕がある場合は医療脱毛を受ける人が多いと言います。

介護脱毛は、今後「自分が介護を受けるときに下の世話で迷惑をかけないように…」という、新たな常識として多くの人に受け入れられるようになるでしょう。

介護脱毛は本当に必要?!

介護脱毛が必要ないわけ

介護脱毛とは、介護を目的として見据えた際に考えるものですが中には、介護脱毛は必要ないのではと考える人ももちろんいます。

「将来介護が必要となった時に備えて、排泄処理の際の負担や不快感をできるだけ軽くするため」のものではありますが、「介護の現場における体毛による弊害」があまり話題に上がらないのも事実です。

それは、人によっては、髪の毛と同じように年齢を重ねるにつれ、体毛が薄くなったり、密度が減っていくことが多いためとされています。また、状況によっては、介助の負担になることがそこまでないと考える人もいるようです。

加えて、体毛は人によって濃さや毛周期が違います。介護脱毛が必要のないくらい体毛が薄い人や、脱毛をすることでお肌が荒れてしまう人も少なからずいます。

排泄のケアには、洗浄もセットになります。
毛があろうとなかろうと、洗浄するので、衛生面に何ら問題が起こることは少なくわざわざ介護脱毛をする必要はないと考える人もいるのです。

介護を見据えたVIO脱毛のメリット

もちろん脱毛は人によって体毛に差があるため、必要ない場合もあります。しかし、「やるにこしたことはないし、ないほうがよい」という介護さんやスタッフももちろんいます。

いらないと考える人がいる一方、介護脱毛のメリットも多く提示されています。

  • 排泄物が絡まらなくなるためスムーズにオムツ交換ができる
  • トイレで排泄した後の拭き取りも容易になる
  • スムーズな排泄ケアで恥ずかしさも軽減
  • 肌トラブルの予防になる
  • 雑菌が繁殖し臭いの原因になるのを防ぐ

介護脱毛は、義務では無い分「相手や自分がどう感じるか」「どんなことが予想されるか」を考えて行うことが大切です。

介護脱毛後は皮膚をケアをしてあげたい

介護脱毛後は黒ずみが目立ちやすくなる

介護脱毛の後はケアが必須となります。長い間特に手入れをしてこなかった場合は、脱毛した際に黒ずみが目立つこともあります。一度乾燥したり、シミや色素沈着などを起こしている部分のケアは通常のお肌と比べるとかなり大変になります。

また、保湿や脱毛後のケアを怠ると黒ずみになりやすくなるため、予防の上でもしっかりとケアを行うことが大切になります。

脱毛後のお肌は、通常の肌よりも敏感で繊細なので、いつもよりも何倍も丁寧にケアを日々するようにしましょう。

上半身と下半身でもケアの仕方が違います。パーツごとに合っているケアを行うことでしっかりとそのパーツの良さを引き出せますし、変に荒れたりお肌の異常を感じることも減ります。

特に脱毛後は、パーツによってのケアを集中的に行うことが必須です。

介護脱毛後の黒ずみにならないためにやりたいこと!

脱毛は熱を使用するため、日常よりも乾燥します。
そのため、

  • 脱毛直後の上質なアフターケア
  • 家で保湿し、乾燥を予防する

ことが重要です。

保湿クリームやオイルなどでお風呂上がりなどにしっかりと保湿するようにしましょう。また、その場合は専用のものを使うことが重要。「保湿できればなんでもいいでしょう」ということではありません。

専用クリームやオイルの重要性は、後ほど詳しく説明しますが、保湿剤だけではなく黒ずみや肌荒れなど変化が起きるのは乾燥や摩擦であることが多く、特に下着などで擦れて肌トラブルや黒ずみになりやすいので注意が必要です。

デリケートゾーンケアには専用ソープやクリームを

デリケートゾーンのケアは、どんな保湿クリームやオイルでもいいというわけではありません。通常の肌よりもかなり柔らかく繊細で敏感な場所でもあるので専用のソープや専用の保湿剤を使うようにしましょう。ローションタイプは蒸発を防ぐためにクリームなどで蓋をするのも忘れずにおこないましょう。

“洗いっぱなし”で放置してしまうことが多いデリケートゾーンですが、保湿ケアが必要なのは顔や髪と同じです。清潔な指で適量をとってなじませ、擦らずに塗り込む感じで、しっかりと奥底まで保湿しましょう。ゴシゴシこするように擦りこむのはよくやってしまう間違ったケア方法です! 

デリケートゾーンは、通常の肌の数倍乾燥と摩擦を受けやすいため、お風呂上がりや脱毛後にダメージを受けやすいパーツです。

「紫外線受けてないし…」と油断しがちですが、”紫外線を受けず隠れている=潤っている”ということではありません。

特に加齢が進めば進むほど、代謝も悪くなったり、下着の中も篭りがちです。乾燥や蒸れて肌荒れなども起きやすいので、専用のクリームなどで十分に保湿して、常に清潔で潤った状態にしておけるようにしましょう。

全身ケアを今すぐ始めるなら5001 Pro.をお試しください。
大人の女性をターゲットに開発された「ドクターズコスメ」きっと体と気持ちの変化を感じていただけると思います。

興味のある方はこちら5001 Pro.公式サイトをご覧ください。

まとめ

人と人との関わりがさらに密になる介護は、お互いが不快感を与えない・感じない範囲がとても難しく、どこまでやっておけばいいのか悩むことが多くあります。

そんななか介護脱毛は、義務ではないため、考え方や体の調子などで変わってきます。自分の肌の状態や、将来のことなどを考えて行いましょう。

脱毛を行うことで、自分や相手の不快感や感じ方がどう変化するのかなども考えてみるとよいかもしれません。無理をしてまで介護脱毛をすることが必ずしも良いということではありませんし、中にはレーザーや照射が痛くてできない人もいます。無理せず選択肢の一つにしておくことが大切です。

自分の老後のことや介護をされる側になった時のことを考えて「自分にとっての最適」を見つけ出してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました