肌のたるみは顔だけではない!気になる40代の全身のケアをしていますか?

スキンケア

年齢を重ねるにつれ、気になってくるのが肌のたるみ。

朝やお風呂上りなど、鏡を見て口角のさがりや、二の腕のたるみなどが気になってはいませんか。
年齢だからしょうがないと思う方もいるかもしれません。
しかし、同年代でも「よい年の重ね方」をして、たるみがひどくない人もいますよね。

また、肌のたるみと聞くと、一般的には顔のことを一番に思い浮かべますが、実は 顔以外にもたるみ始めています
40代からは、顔に加えて全身のケアが必要です。

お顔のケアはしっかりされている方が多いと思うので、気になる全身のケアを今回はご紹介します。

肌がたるむ原因ってなんでしょう?

肌のハリなくなる問題

お肌は、大きく分けて真皮と表皮に別れています。

表皮の下に真皮があり、「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」という細胞によって作られるコラーゲンやヒアルロン酸で支えられています。この線維芽細胞(せんいがさいぼう)は、年齢を重ねると減少。

つまり肌のハリ感を維持するヒアルロン酸なども作られにくくなることで、たるみにつながってしまいます。

ホルモンの問題

​​女性ホルモンのひとつである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」

お肌のハリ感を保つためには欠かせないコラーゲンを作り出す役割を担っていますが、30代後半から減少。
エストロゲンの減少は、コラーゲンの減少にも繋がるためハリ感が失われてたるみの原因に。
特に閉経などが近づいてくる40代では、女性ホルモンの減少がかなり大きいとされています。

ホルモンバランスの乱れは、肌だけでなく、気持ちの浮き沈みや寝つきなどあらゆるところで現れているかもしれません。
そちらにばかり気を取られていると、全身の肌の元気がないことに気づきにくいですが、お肌も助けを求めています。

しっかりと全身のお肌のケアをすることで、自分を大切にすることになり、乱れた気持ちも少し和らぐ場合があります。

ハリのない肌では黒ずみが進む?!

黒ずみのメカニズム

ハリがなく、たるんだお肌は黒ずみが目立ちやすく感じます。

黒ずんでくると気持ちもどーんと暗い気持ちになってしまうかもしれませんね。

ゴシゴシ洗ったり、しっかり洗いすぎて必要な皮脂の取りすぎにより、通常よりも肌が乾燥しすぎたり、摩擦で色素沈着することで黒ずみは起こります。

このメカニズムはたるみの原因の一つにも。ハリがない肌は乾燥しやすく、黒ずみの原因になり、黒ずみもたるみもWで引き起こしやすくなってしまいます。

肌保湿(=ハリがない)は、顔だけではない!全身も!

肌保湿(ハリがない)という状態がわかりやすいのは顔ですが、実は全身に影響しています。

「服の下に隠れているから」と、油断しがちですが摩擦や日々の積み重ねで、乾燥などもあり、たるむ原因に。

デリケートゾーンは特に皮膚も薄く敏感で、下着の締め付けや摩擦も加わりたるみやすいパーツでもあります。

全身肌のたるみをケアしましょう

優しく専用ソープ使っていますか?

顔に洗顔料を使うのと同じように、パーツごと専用ソープで優しく洗うことがたるみ予防や対策につながります。

顔だけじゃなく、全身を
・専用のソープで優しく洗う
・こすらない
・ぬるま湯で洗い流す
の3つが大切です。

デリケートゾーンなどの日々の積み重ねの影響を受けやすいところは、特に習慣化できるようにしましょう。

5001 Pro.は、全身を優しく洗いたっぷり保湿できます。

しっかり保湿できていますか?

優しく専用ソープで洗った後に必要なのは保湿。

特に皮膚が薄く、変化が分かりやすいデリケートゾーンは、保湿がハリ感につながります。
「やりすぎかも?」と思うくらいに保湿するのがおすすめです。たっぷりと保湿をすることで肌の水分量が保たれ、たるみを予防してくれます。

敏感で繊細な部分だからこそ、乾燥によるたるみなども目立ってきてしまうのです。

日常の食生活は乱れていませんか?

お肌のたるみには様々な原因があり、ケア方法も様々ですが、外部からのケアだけではなく、食生活の乱れを直すことも十分ケアになります。

飲酒や脂質の過剰摂取は、糖化を進める原因の一つにも。(余分な糖質が体内のたんぱく質などと結びつき、細胞などを劣化させる現象)この糖化が進むことで、体型変化やたるみにつながります。

たるみを予防に効果的と言われている、モロヘイヤやサニーレタス、ドクダミ茶など、日常に取り入れやすいものから始めてみましょう。

また、柔らかいものばかりを口にしていると顎の都からが衰え、顔のたるみなどにも繋がると言われています。

まとめ

年齢を重ねるごとに、気になってくるたるみ。40代は特に顕著にあらわれるため、ふとした時に気になる人が多いかもしれません。

鏡で顔だけを確認することもありますが、たるみは全身に現れます。日常的にケアをしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました