肌の黒ずみの質問にこたえます!どうしたらよいか解説!

スキンケア

目についた後、気になってしまうお肌の黒ずみ。
わきの下や太ももの付け根など、日焼けしていないのに黒くなっている部分はありませんか?


そもそも、なぜこのような黒ずみはできるのでしょうか。
また、こうした黒ずみにはどうしたらいいのか、疑問に持っている人は多いようです。

知っているようで知らない、黒ずみのことやいまさら聞けないことなど
ここではお肌の黒ずみの質問に答えながら解説していきます。

Q1肌が黒ずむのはなんででしょうか?

A.黒ずみには種類があります。それぞれ原因が違います。

黒ずみと一言で言っても、「摩擦性黒皮症」と「炎症性色素沈着」と2種類があります。
これら2種類が原因でお肌が黒くなり、目立つようになるのです。

摩擦性黒皮症

皮膚の組織にメラニン色素などが沈着することで、黒く変化した状態
多くは、こすりすぎや洗いすぎ、強めの摩擦などで起こります。
マッサージ器具や美顔器などの強い刺激がお肌に影響して黒ずみの原因となります。

炎症性色素沈着

皮膚で起こった炎症がそのまま残ってしまった場合に起こります。
ニキビ跡が黒ずんでしまうことがあるのはこの炎症性色素沈着のためです。
ニキビなどの肌トラブルだけではなく、合わない化粧品やスキンケア、植物や繊維などで黒ずむこともあります。

それぞれ原因こそ違いますが、どちらも「刺激」を与えてしまうことで、起こります。
日々の積み重ねで、黒ずみが作られてしまいます。

Q2肌の黒ずみが目立つのはどこでしょう?

A.脇、ひじ、デリケートゾーンなど、皮膚がうすいところは要注意です。

多くのパーツが、黒ずみになる可能性は秘めていますが、中でも目立つのは皮膚の薄い部分
脇・肘・デリケートゾーンなど、通常のパーツよりも皮膚が薄く繊細な分、変化がわかりやすいため、黒ずみも目立ちます。

ビキニライン・デリケートゾーン

黒ずみに気がつくのが一番遅くなりがちなのがビキニラインやデリケートゾーン。
下着の締め付けや、摩擦などで色素沈着しやすい部分です。

夏のシーズンなどに気になる脇。
ノースリーブで電車のつり革を持ったりと意外にも紫外線に触れることも多いパーツです。
衣類との摩擦・脱毛などの際の刺激・カミソリなどによる除毛刺激など、日常の中で黒ずみになる原因が多く含まれます。

肘・膝

肘や膝の黒ずみは、わかりやすいので気になる人も多いのではないでしょうか。
肘や膝は日常の動作の中で床やテーブルについたり、入浴の際にゴシゴシとこすったりと
摩擦が原因で色素沈着がしやすくなります。

Q3脇の黒ずみにはどうしたらよいのでしょう?

A.過剰な自己処理には気を付けましょう

どのパーツにも言えることですが、自己処理のしすぎは黒ずみにつながりかねません。
自分での脱毛・除毛処理を行う
・頻繁にカミソリなどを使う
・ナイロンタオルなどやブラシなどでこすりすぎる
など、デリケートな部分である脇には強すぎる刺激
になってしまいます。

皮膚を再生するターンオーバーを正常に整えることで黒ずみは解消されるので、自己処理をしているいないに関わらず、顔などと同じく脇もお風呂上がりなど、入念に保湿をしましょう。

また、合わせて栄養面もしっかりと考えながら食事をとって体の中からターンオーバーを促しましょう。

あまりにも黒ずみが広かったり、ひどい場合は皮膚科や美容皮膚科などを受診しましょう。クリニックでの治療方法もあります。

Q4デリケートゾーンの黒ずみにはどうしたらよいのでしょう?

A.専用ソープやクリームを使用して

デリケートゾーンは、ほかのパーツと違って、粘膜なども含め、PHバランスなど、さらに注意が必要な部分。
まずは、ドクターズコスメなど信頼の高いクリームやソープを利用し、同じくデリケートゾーンに使えるもので保湿をしましょう。

また、ごしごしあらわない、刺激を避ける、下着などにゆとりを持つなど日常生活の中で改善を行いましょう。
下着の締め付けや、摩擦も黒ずみの原因になりうるのでゆとりをもって選んでみましょう。

とはいえ、自分での対処法には限界があります。さまざまなことを試してみたけれど、それでも変化が見られない場合は、皮膚科を受診することも検討してみましょう。

Q5乾燥肌ですが関係ありますか?

A. 乾燥肌は肌のターンオーバーに影響します。

乾燥肌はターンオーバーが乱れがち。ターンオーバーが乱れると、黒ずみの原因になるメラニン色素などを角層へ押し出し、皮膚から剥がして落とす働きが鈍ります。
鈍った分、蓄積されてしまいそのまま黒ずみに繋がるのです。

ターンオーバーの乱れは様々な些細な要因で起こります。
・外部の刺激(紫外線・摩擦など)
・タバコ
・ストレス
・飲酒
・過度なダイエット
・体調不良
など…。

ターンオーバーが乱れ、乾燥すると、黒ずみにつながりやすくなり、部分的に目立ってきてしまうことも。
そのため、自分が思っている数倍、保湿をたっぷりしましょう。

まとめ

いちど気になると、ずっと気になってしまうお肌の黒ずみ。気づいたその時からケアをできるようにしましょう。乾燥はもちろんですが、日常のちょっとしたことで黒ずみの原因は作られます。

デリケートゾーンの皮膚は薄く、繊細で、まぶたよりも薄い・ティッシュ一枚分などと言われています。
そんな繊細なお肌をゴシゴシこすったり、摩擦が積み重なることで黒ずみだけではなく、肌トラブルに繋がる可能性も。

多少の刺激ですぐに黒ずみになってしまうわけではありませんが、継続的なケアを日常生活に取り入れて、予防や対策をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました