40代の女性でも実は加齢臭の対策が必要です。今からできるケア紹介

ヘルスケア

一般的に男性のイメージが強い加齢臭ですが、実は40代を境に女性も加齢臭を感じることがかなり増えます。

女性のニオイは30代後半頃から既に変化が始まると言われています。そんな加齢臭の対策とケアをご紹介します。

加齢臭が気になるのはいつから

女性にも加齢臭はあります!

男性の加齢臭はTVやCM、雑誌などさまざまなところで特集されているため、知っている人も多く「中年のおじさんは臭い」なんてイメージを持っている方もいるのではないでしょうか?

しかし、実は女性にも加齢臭は発生しています。鼻の脂が臭い・耳の後ろが臭いなど、ふとしたときに「あれ?もしかして?」と思ったことがある人も多いかもしれません。

女性でも、30代後半からは気を付けましょう。徐々に、さまざまなニオイに変化が出始める時期です。

女性の加齢臭はここからにおっている

男性の加齢臭などは「枕が臭い」を代表としてわかりやすいですが、実は女性の加齢臭はわかりにくいと言われています。

男女問わず、加齢臭が発生しやすい部位は「皮脂の分泌量が多い場所」になります。

具体的には、頭・脇・耳まわり(耳の後ろ)・首の後ろなど、自分でも手の届かない部分を含め、背中やお腹などからも発生します。

全身の中でも、特に皮脂の分泌量がもっとも多いのは「頭」と言われているので、加齢臭についてのCMは「枕が臭い」というイメージと結びついています。

男性のほうが加齢臭のイメージが強くありますが、女性の加齢臭も同じ場所から発生しやすくなっています。

【注意】上半身と下半身では対策法が違う!

さまざまなパーツからくる加齢臭ですが、上半身と下半身では対策の仕方や日々できる対策が少し違います。

例えば、頭皮の皮脂を落としたいのに、ボディソープを洗浄力が強いものに変えても意味がないですよね。加齢臭の原因である場所がどこなのか、なにで洗うべきなのかを見極めましょう。

女性に気を付けてほしいのは、女性向けのシャンプーは加齢臭を落とすには洗浄力が弱すぎるケースがあることです。男性用を使うところまではしなくてもいいですが、男女兼用のものを使うなど買うときに意識してチェックしましょう。

また、保湿も同じく上半身下半身で違います。

下半身はデリケートゾーンを含みますので、脚はボディソープでよいですが、それ以外はそうとはいきません。通常のお肌よりも敏感で繊細なVIOゾーンやデリケートゾーン付近は、専用では無いボディクリームやソープを使用すると、それ自体が刺激になってしまう可能性もあります。

洗浄・保湿も含めて、デリケートゾーンにも「専用」のものを使うようにしましょう。

全身ケアを今すぐ始めるなら5001 Pro.をお試しください。
大人の女性をターゲットに開発された「ドクターズコスメ」
きっと体と気持ちの変化を感じていただけると思います。
興味のある方はこちら5001 Pro.公式サイトをご覧ください。

女性の加齢臭の原因&対策

しっかり清潔にする(上半身・下半身での違いに注意)

先述した上半身・下半身での違いに注意しながら常に清潔を保つようにしましょう。

夏などは、ニオイ対策ができる汗拭きシートなども持ち歩くようにしてこまめに汗をとったり肌の清潔を保てるようにすると、自分の不快感も軽減します。

洗ったあとは洗いっぱなしにもせず、しっかり保湿やケアをしましょう。対策のできる枕カバーやパジャマなども最近は展開されているので、取り入れるのもおすすめです。

上半身と下半身で専用のクリームやオイルを、持っておくことも大切です。

食生活に注意する

日常生活の中で、特に食事には注意が必要です。食事は、女性の加齢臭の原因となる物質が生成されるのを防ぐ対策の一つです。

加齢臭を抑えるためには、過酸化脂質と呼ばれる脂質が『活性酸素』によって酸化されたものを抑えることが大切になります。

体内の過酸化脂質を減らすためには、『抗酸化物質』が有効とされています。ビタミンC、ビタミンE、カロチノイド類、ポリフェノール類は抗酸化物質として知られているので積極的に取るようにしましょう。

更年期と関係している加齢臭

ニオイはホルモンのバランスも影響

「ラクトン」という成分名を聞いたことはありますか?ラクトンは、若いうちに、分泌されると言われている体の分泌成分のことです。このラクトンの減少が加齢臭の原因の一つとされています。

20代女性は、『ラクトン』という甘い香りがする成分が分泌されているため、若い時は基本的に毎日お風呂に入って清潔にしていれば、加齢臭や体臭が目立つことはありません。

しかし、ラクトンは30代以降になると一気に減少し、加齢臭や体臭などを感じやすくなります。

年齢を重ねるとラクトンも酸化されて、若さを印象づけるニオイが減少するので、年齢を重ねれば加齢臭のようなニオイが発生してくるようになると言われています。

代謝が悪くなる事によるニオイ

年齢を重ねるごとに感じることの多いのが代謝の低下です。どんなに運動を続けていても、どんなに健康的な生活を送っていても、ある程度の代謝の低下が起こります。

逆に何もしていなければ代謝はどんどんと落ちていってしまいます。代謝が悪くなると、血流などだけではなく、自然に行われていた粘膜のターンオーバーが乱れます。

この乱れは、ニオイだけではなく口内のネバネバなどにも直結します。ネバネバとした唾液や口臭をはじめとして、さまざまな部位がニオイを助長します。

とはいえ、年齢を重ねれば、代謝を下げないで過ごすのは難しく、加齢が進めば進むほど自然と出てくる現象です。

イライラから発生するニオイ

更年期の一つの一つでもある、イライラ。実はこのイライラからくるストレスも、嫌なニオイを発していると言われています。

結果的にストレス臭として外に発出されるため、体臭などと混じって臭く感じることもあります。よく「毛穴という毛穴から」などの表現がありますが、このイライラがニオイとなって、外に出されるのも同じことです。

更年期の症状であるイライラしやすいということは、年齢を重ねれば仕方ないことではありますが、臭いにも直結してしまうのでなるべく避けたいところです。

ホットフラッシュから発生するニオイ

更年期を迎えると多くなるホットフラッシュ。運動などとは違い、上半身ののぼせ・ほてり・発汗などが当てはまります。

運動した時と同じように汗をかくことが多いですが、ホットフラッシュで一気に出たベタベタの濃い汗は通常の汗にくらべ、アンモニアなどのニオイ物質が多く含まれていて、汗そのものにニオイがあるとされています。

蒸発しにくく皮膚上に残りやすい汗なので、体内の温度が下がらず、体温調節しようとして、さらに大量の汗をかくという悪循環が起き、結果的にニオイの強い汗ばかりかいてしまう結果になります。

自分の変化を受け入れバスタイムを労わりの時間に

とはいえ、加齢臭や更年期は誰にでも起こりうることです。それらが起こるからといって、いい・悪いの判断がなされるわけではありません。

自分のための時間を作るのは意外と簡単ですので一つ紹介します。

お風呂やトイレ、ちょっとした休憩時間を自分のために使ってみましょう。バスタイムや、ちょっとしたティータイムなどを取り入れて、「年を重ねたこと」を楽しんでみると、少し心にゆとりが生まれて自分とも向き合えます。

自分の余裕ができることで、少しだけ人にも優しくなれたり、考えにもゆとりを持つことができるでしょう。

まとめ

年齢を重ねることで、加齢臭や呼応年季など起こる体の変化に、びっくりしたり気持ちがついていかないこともあるかも知れません。

なかには、「40代で女なのに加齢臭だなんて」「男性でもないのに」と思う人もいるかもしれません。

しかし、男女関係なく年齢によって起こりうることは、加齢臭を含めてたくさんあります。

それらは、自分が頑張って生きてきたことの一つでもあるので、無にしようとせず自分が不快ではない範囲、自分が無理しない範囲で対策やケアをするようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました