若い時は気にならなかった!脇の匂いが強くなってる?すぐできる対応法。

大人ビューティー

脇の匂いを気にしている40歳以上の女性は多いようです。
汗をかいていないのに何か匂いを感じる、服を脱いだ時に匂いがこもっている感じがするなど、若い時にはなかった経験をしている場合も。

匂いの原因には、年齢もありますが、日頃のケアの仕方もあります。

ほおっておくと匂いがきつくなってしまい、周りに不快感を与えてしまうことも。
すぐに対応できる方法についてこっそりご紹介します。

脇のにおいの種類と原因 

あなたの匂いはどのタイプ?

ふとした時に気づく、脇の匂い。
満員電車や隣の人との距離が近い時、また男性を含め脇の匂いに気づいた時、「自分は大丈夫なのか?」と不安になる人も多いでしょう。

脇の臭いと一言で言いつつも、臭いは1種類ではなく、体質・生活習慣・食生活・汗の量や種類によって違います。

臭いの種類の例

・玉ねぎ臭
・酸っぱさのある匂い
・鉛筆の芯のような匂い
・雑巾のようなにおい

脇の匂いの原因は菌にあり!

脇の匂いは「ワキガ」と呼ばれることがありますが、全てが「ワキガ」である訳ではなく、原因の多くは汗よりも「菌」が原因です。

原因となりやすい汗には、「エクリン腺」から出る汗と、「アポクリン腺」から出る汗があり、「アポクリン腺」からの汗に含まれる菌が原因であることが多いとされています。

アポクリン腺は、脇や性器の周辺などに集中して分布する汗腺で、タンパク質や細胞の分解などによって匂いが発生するのです。

脇に匂いがたまる。女性も気を付けたい加齢臭

ホルモンバランスと匂いは関係している

年々脇の匂いが気になる、と感じている人が多いかもしれません。
脇だけではなく、匂いには女性ホルモンが大きく関係します。

女性ホルモンはニオイを抑える役割があり、若い頃はこの女性ホルモンが優勢。
しかし、年齢を重ねることで、閉経なども伴い女性ホルモンは徐々に低下し、皮脂など匂いが強く出がちな男性ホルモンが優勢になりがちに。

なお、脇に限らず、口腔内の粘着きや口臭などもこのホルモンバランスが関係しているとされています。

匂いはデリケートゾーンにたまりやすい

脇を含むデリケートゾーンは、年齢を重ねるごとに匂いが気になるパーツです。
女性ホルモンが低下し、膣などに届く栄養分や成分がぐんっと減ることで粘膜や皮膚のターンオーバーも乱れがちに

この女性ホルモンは、自浄作用などもサポートしているためデリケートゾーンや脇、口腔内など、こもりがちな部分の匂いがきつくなるのです。

脇の匂いを改善したいとおもったら明日からできること

生活習慣を見直す

遺伝や体質でどうにもならないことはありますが、生活習慣や生活スタイルで改善することができます。

●脇を清潔に保つ
こまめに汗を拭いたり、優しく泡で洗い、保湿する

●食生活を改善する
お肉ばかり、アルコール過多など偏ったりせずにバランスよく、季節のものや自分の体にも優しいものを。

●生活リズムを整える
ストレスを溜めすぎず定期的に発散したり、過度なダイエットに注意しましょう。

皮膚が薄いところは専用のソープをつかい保湿をしっかり行う

間違った対策をするとさらに脇の匂いを増幅させてしまいます。

「匂い対策に!」と思い、ゴシゴシと強めに洗ったり制汗剤などを多用すると、皮膚が薄く敏感な脇には逆効果
肌を清潔に守るのは大切なことですが、柔らかな泡で洗い、しっかりと保湿を行いましょう。

また、専用のソープや、保湿のクリームやゲルで肌の状態をより良いものにしていきましょう
匂い対策は、脇の黒ずみ対策にも通ずるところがあるので、デリケートな部分であることを忘れずに毎日のケアを行っていくことが大切です。

5001 Pro.はデリケートゾーン専用ソープと保湿ゲルです。

必要に応じて治療を

どんなに改善しても匂いなどが変わらない場合は、体質や遺伝である可能性も考えましょう。手術などはせずに、治療・改善することができます。

●内服薬・注射など

ボトックス注射でエクリン汗腺の活動を抑制することで汗を抑え、匂いも抑制。
発汗を抑える内服薬の処方

●汗腺除去

アポクリン汗腺を除去し、汗や臭いの原因を取り除きます。
手術にはいくつかの種類があるので、病院で医師と相談して決めることが大切です。
費用や時間、メリットデメリットも手術方法によって違ってきます。

●永久脱毛

脱毛は毛根へのアプローチとなるため、匂いの強い汗をだすアポクリン汗腺の機能が弱まるとされています。
また、汗が毛に付着して菌が増殖することも防げるので、匂いの抑制にもつながります。

まとめ

気がつくと、酷くなっている脇の匂い。

年齢を重ねるごとに、強くなってくることで「他の人にも臭いと思われているかも」と不安になることも多く、人間関係に影響してしまうこともあります。

日々の積み重ねで改善できることが多いですが、どうにもならない時には医療の力を借りて不安要素などを取り除く対策をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました