介護脱毛って何だろう?世間で広がりつつある「大人のデリケートゾーンケアの常識」

大人ビューティー

40代、50代を中心に、自分が将来介護されることに備えて全身の脱毛をする人が増えています。
「介護脱毛」と聞くとなんだか、暗い印象がありますが、実は自分をケアすることであり、「きれいな自分」を保つことでもあるんです。

介護脱毛やデリケートゾーンケアをするにはどうしたらよいかご紹介します。

介護脱毛って聞いたことありますか?

脱毛を専門とするクリニックの調査によれば、6割以上の30ー40代の女性がVIO脱毛に興味があるそう。さらに、将来の介護に備えて50代の女性からもVIO脱毛への関心が高まっているようです。

介護は、生活全般のお世話を誰かに依頼することになります。特に、介護状態では排泄処理のためにオムツを利用するので、局部に体毛があると汚物がからまって病気やニオイのもとになるそう。

介護する側もされる側も、ちょっと「しんどい」のが、排泄介助の部分。VIO脱毛やデリケートゾーンケアをしておけば、このしんどさが少し軽減されるというのが、介護脱毛なんです!

芸能人にも広がりつつある介護脱毛

介護脱毛への認知が広がる中、芸能人も施術を受ける人が広がっています。

毛の生え変わりに合わせて、2ヶ月に一回行くペースです!私は2回目終わりました
かなりイイ感じです爆笑
コメントにもありましたが、メリット、デメリット、ご自身で納得した上で脱毛をするのがイイですねっ!
私は介護脱毛ということを知りやろう!と決意しましたよ!

(引用:小林麻耶さんのブログ) https://www.youtube.com/embed/KbVh9icD5yQ
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/KbVh9icD5yQ" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

参考:ロンブー敦のYouTubeチャンネル「淳のVIOツルツル計画【まじめな介護脱毛】inメンズリゼ」

将来を見据えたり、自信の経験からだったり、40代のデリケートゾーンケアへの関心は高くなっていることがわかりますね。

VIO脱毛後は皮膚が傷みやすい、刺激受けやすい、 黒ずみが目立つように

デリケートゾーンは黒ずみが目立ちやすいのはなぜ

VIO脱毛をするといままで目に触れなかった皮膚がよく見えるようになります。脱毛自体、年に何度か通う必要がありますが、同時にデリケートゾーンのお肌もケアするとよいかもしれません。

デリケートゾーンの皮膚は、瞼よりも薄く黒ずみがでやすいところでもあります。また、下着や生理用品などの摩擦で常に刺激を受けているので、余計に黒ずみが沈着しやすい状況。

ワンランク上の介護脱毛ケアをしておけば安心

介護脱毛をすれば「体毛」によるトラブルは防ぐことができます。

しかし、デリケートゾーンをそのままほおっておくと乾燥や外部からの刺激によってかゆみやにおいが出ることもあります。脱毛後もしっかりとケアしておくことで、デリケートゾーンをよい状態に保つことができます。

いざ、介護をうけることになっても「デリケートゾーン」の見た目を気にすることもありませんし、介護するほうの心の負担を軽くできますね。

介護脱毛前後のデリケートゾーンケアはこうしよう

実は、デリケートゾーンケアのソープやクリームは市販で手に入れることはできます。しかし、デリケートゾーンケアを本気で考えるなら・・・・やはりドクターズコスメなどを利用してみるとよいでしょう。

5001 Pro.は、美容皮膚科が監修した業界初のドクターズコスメであり、守りながら攻める低刺激処方を取り入れています。次のステップでしっかりとデリケートゾーンの皮膚のターンオーバーを正常化して、黒ずみを軽減していきます。

5001 Pro.の簡単2ステップ

1.ピーリングソープでしっかり角質を除去し、ターンオーバーを正常化
2.保湿ゲルクリームでたっぷり保湿し、メラニン抑制し黒ずみを軽減

デリケートゾーンケアで優しい時間を

介護脱毛や介護に向けたデリケートゾーンケアと言うと、少し暗い気持ちになってしまうかもしれません。

しかし、介護は排泄介助だけではなく、生活の全てにかかわるもの。少しでも、においなどのトラブルを減らせば、互いに心の余裕がでて、他の時間を健やかに過ごすことにつながるでしょう。

介護は、「生きる」に関わることです。される側も、する側も「生きる」ことに携わる貴重な時間でもあります。

あなたの最期の時間を少しでも優しく温かいものできるよう、5001 Pro.はサポートしていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました