40代は疲れが取れない?あなただけじゃない40代の体の変化

大人ビューティー

「なんだか最近疲れが取れない…」と悩んでいる40代は多いものです。

あなただけではなく、40代を目前にしたり、40代になった途端になることもままあります。とはいえ、日常生活を送るのに、疲れが取れないままでは負のループですよね。

その疲れの原因や対策、なぜ起こるのかなどを解説していきます。

疲れやすいのは年齢だけじゃない原因

体力が低下するから!

私たちの体を作っている筋肉量や、細胞などは、年齢を重ねるごとに変化し減少します。

筋肉量や活動的な細胞は20代がピークと言われているため、40代ともなれば、10代20代の頃に比べ、筋力や体力は減っていき結果的に疲れを回復させる力も弱って当然です。

また、あまり意識しませんが心臓は心筋、血管は平滑筋、呼吸のための横隔膜や肋間筋など循環器や臓器も筋肉が動かしている部分です。動かしたい部分はたくさんあるのに、筋肉量などが不足しているのです。

血圧の上昇、肺活量、様座な原因はもちろんありますが、全体の筋肉が落ち始めることにより、疲れが取れにくくなっていきます。

仕事や家事に忙しいから

30代後半から40代にかけては、

・結婚し子供がいる方
・育児がひと段落の方
・仕事の大きな責任を任される方
・新人教育など上の立場になる方…

などさまざまな責任・立場・役割を同時にこなすことが多くなる年代です。

40代は男女とも働き盛りと言われていて、常に何かを考えていて心休まらない人が多いのも、「疲れが取れない」と感じる原因の一つです。

人間関係・夫婦関係・子供の教育・親の介護など、一番さまざまな問題や悩みが出てくるのが40代という年齢です。

先述した肉体的な疲労はもちろんですが、悩みごとが重なり、ストレスがどんどん溜まり、心の疲れが増える時期でもあります。

ホルモンバランス変化が始まるから!

女性も男性も、ホルモンバランスが崩れることでさまざまな不調が顔を出します。

40代は、ホルモンが減少し、今まで保っていたバランスが少しずつ崩れ始めるため体の不調や健康への影響が顕著に現れるのです。

女性は閉経前後10年間を更年期、と呼ばれていて、早い方では30代後半、40歳代前半から女性ホルモンが少しずつ減っていきます。

火照りや疲れ、動機や虚無感など、如実に現れます。わかりやすく漢方をはじめとしてさまざまな対策もありますが、人間の体なので、薬を飲めば治る!と言った簡単なものではなく、誰もが通る道でもあります。

男性は女性に比べて緩やかにホルモンが減ることから、対処がしやすい上、あまり大きな変化はありません。そのため、男性と比較されて「女性はすぐにイライラする」などと言われることが多いのです。

今日からできる疲れにくい体になろう

日常生活に運動を取り入れる

「ジムに行って器具を使って筋トレをしましょう!」ということではありません。

ただし、筋力の低下が疲れに繋がることは前述の通り。「わざわざ運動しなくても、家事とかで動き回っているし…」という声もありますが、日常生活の中で、少しずつ活動量を増やすことが大切です。

・1駅分歩く
・ジョギングをしてみる
・寝る前にストレッチ
・起きてラジオ体操やストレッチ
・1日5分でできる筋トレや体操など…

現代は、軽い運動をしようとおもったらすぐにできるいい時代です。

やろうと思ったら、YouTubeなどで動画をみることができます。「5分 筋トレ」 「3分 ストレッチ」など、時間と一緒に検索すれば多くの動画が出てくるので、自分でできそうなものを選んでやってみるのがおすすめ。

もちろんTVや雑誌などを参考にしてもよいでしょう。

質の高い睡眠を心がける

忙しくて寝る時間が無い、人間関係などのストレスで良く眠れない・いつもうとうととして朝を迎えてしまう…。そんな方も少なくありません。

「質の高い睡眠」と聞くといい寝具に変えて…などとイメージする人もいますが、日常的に続けるのであれば、そんな大きなお買い物などをしなくても大丈夫です。

・着心地のいパジャマへ
・湯船に浸かる
・スマホやPCは寝る前30分見ない
・アロマやお香を炊く
・寝香水などで眠りのスイッチを入れる
・必ず部屋は暗くする

など、少しの工夫で睡眠の質を上げることができます。生活リズムを整えて、朝起きる時間・夜眠る時間を整えるのも大切です。

休息もしっかり、メリハリをつける

「とにかくあれもこれも急がなくちゃ!」「あれもやっておこう。」など、バタバタと時間を見ずに過ごしていませんか?

なんとなく朝起きたままご飯を食べたり、なんとなくのまま時間を過ごしてしまうとメリハリがなく全てがなあなあになってしまいます。

休憩や休息をとるときは、スマホの電源をきる!くらいのメリハリをつけて過ごしてみましょう。
「休憩時間にしか飲んではダメなお茶」「休息の時だけのとっておきのスイーツ」などを準備しておくのもいいかもしれません。

更年期による疲れ

体調の変化で疲れやすくなる

いきなり体の中で変化が起きるのですから、疲れや倦怠感があるのは当然です。20代・30代の元気で活発な体に慣れてコントロールできるようになった頃には更年期が始まる、なんてこともあります。

エストロゲンの低下から、血管の収縮や拡張をコントロールする自律神経が乱れることによって起気、疲労感やホットフラッシュが起きるのです。身体的な疲労感だけでなく、気力がわかなかったり、憂鬱な気分が抜けなかったりすることもあります。

誰しもが経験すること

「更年期」「40代の疲れ」さまざまな言葉だけ聞いて不安になったり、目の前の友人や知人はそんなことなさそうなのに、自分だけなんだか…なんて思うことはありませんか。

こうした思いは、誰もが通るものではないでしょうか。

「更年期」が訪れるタイミングは人によって様々です。女性なら誰もが訪れるのが「更年期」です。自分に関わる人たちと共に、関心をもち、どのような症状が現れるか、どのような対処法や治療法があるかを学んでおくと、安心できる材料が増えます。

疲れたときは自分を大切に

自分を大事にいたわる時間をつくる

疲れたという気持ちが出ているときは、休めと体が言っているサインです。とにかく、自分を労わることが大切です。

・家事をしない
・仕事をしない

など普段できない贅沢な時間を過ごしてみましょう。わざわざお金をかけなくても、構いません。

・いつもよりも早く寝る
・ちょっとだけいいお酒を嗜む
・お風呂に入浴剤を入れる…

些細だけれど普段からしたら贅沢だ!と感じられることをして自分を労わりましょう。

普段したことにないケアをしてあげる

他にも、特別に自分を労わることをしたい方は、普段していないケアを定期的に行いましょう。

「自分のためにやっている」ことで、自己を大切にしていると感じられ、疲れの原因のストレス解消につながります。顔パックやスキンケア、ボディケアなど自分の体をいたわってあげることをするのも良いでしょう。

毎日頑張っているからこそ、たまにはスペシャルなことを自分のためだけにしてあげましょう。
大切にすべきは自分自身です。

まとめ

40代はさまざまな悩みや問題が顕著に現れる時期です。

体の変化も起きやすいのに、働き盛りだったり責任ある事柄が降ってきたりと、自分のことを疎かにしがちです。

働くことや家事育児など、大切なことはたくさんありますが、自分を大事にしないことでさらに疲れが溜まりやすくなってしまいます。

誰もが通る道だからこそ、対処法やなぜ起こるかなどを知っておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました