40代のほうれい線。みんなどうしてる?!目立つ人目立たない人の違い

大人ビューティー

気づくと深く刻まれていて、「ハッ」っとするほうれい線
40代になると、口角が下がり始めたり、ほうれい線を気にする人が周りに増えたり。
鏡を見てはため息をついてはいませんか?

しかし、人によっては同じ年齢なのに、特にほうれい線が目立たない人もいますよね。
くっきりほうれい線が出る人とあまり出ない人、一体その差と違いは何なのでしょうか。

40代からほうれい線がくっきり、そのわけは?

皮膚のハリがだんだん低下・・・

年齢を重ねると、だんだんと気になる皮膚のハリ。
ほうれい線は、若い20代などにもあるのですが若い人たちは、皮膚や肌にハリがあるため目立ちません

30代ごろからほうれい線が気になる人が多いのは、真皮のコラーゲンやエラスチンの変性と減少などが始まる時期でもあるため。
40代では、老化などによって起こる“皮膚のたるみ”が本格化し始めるため、ほうれい線がかなり目立ち始めます。

皮膚のたるみがそこまでひどくない人は、ほうれい線も目立ちません。
どうしたら、年齢を重ねても「たるみ」を予防できるのでしょうか。
そのためには、日々のお手入れが重要です。
どうしたらよいかは、のちほど解説しますが、ほうれい線にはもう一つ原因があります。

この原因に対応しないといつまでたってもほうれい線はなくなりません!

乾燥や肌のターンオーバーの低下・・・

ほうれい線のもう一つの原因が、乾燥や肌のターンオーバーの低下
肌のターンオーバーが正常に行われないことで、お肌の生まれ変わりが遅くなり段々とほうれい線が口もとまで達し、目立つようになっていきます。

また、乾燥も加速し、若い頃に比べて口元目元などの皮膚が薄いところが乾燥しやすいのも加齢の特徴。
口まわりの筋肉のゆるみや乾燥、肌のハリや弾力の減少で、深く刻まれてしまったほうれい線についつい目がいってしまいます。

つまり、そんなほうれい線をクリアにするには、逆の状態を作り上げればいいのです。
どういった方法があるのか次の項目で解説します。

ほうれい線をクリアにするにはどうする?

顔の周りの老廃物除去

顔まわりや口周りは、思っているよりも老廃物が溜まっています。表情筋などが少しずつ衰えたり、ついつい下を向いてスマホをいじったりと、コリが蓄積し、たるみやほうれい線の原因に。

お風呂上がりや、朝のスキンケアなどの時に少しずつマッサージでほぐすようにしましょう。頰のお肉を持ち上げるよう意識しながら、指3本を使ってこりをほぐすのが効果的です。

筋肉トレーニング!

最近大きな口を開けたり、顔をくしゃくしゃにして笑ったりしていますか?

加齢や、数年にわたるマスク生活で表情筋が弱っていると、ほうれい線にも影響します。意識的に口角を上げたり、下を出して上下左右に伸ばしたり、「あいうえお」を大きな口で、声を出しながらやるのもおすすめです。

10秒くらいキープし、顎などにもピリピリと疲れがきたら効いている証拠です。

専用コスメでしっかり保湿

ほうれい線がクッキリしてきてしまったと感じたら、とにかく「保湿」が足りていません!
いつものスキンケアだけでは不十分かもしれません。専用のオイルや、クリームなどをプラスしましょう。

すでに乾燥などが進行している状態では、通常の肌よりも保湿が必要です。美容液や、ローラー型のオイルなど、パーツにフィットして使うことができます。シワ改善やほうれい線改善コスメも展開が多くあるので、自分の悩みに近いものを選んで使い続けましょう。

潤い不足は全身で起こっています!

脇、デリケートゾーンなど皮膚が薄いところは要注意

「ほうれい線」が目立つということは、顔だけでなく、体全身で「潤い不足」が起こっているかも!
乾燥は、全身で起こるリスクがあります。

顔だけにとらわれていると全身のケアに気が回らず、ついつい後回しにしがち。同じ皮膚なのでデリケートゾーンを含む全身のハリがなくなっていきます。
40代、という年齢上「今日やったら明日には元通り」というわけにはいきません。

顔の優先順位は高くても良いのですが、同じくらい脇やデリケートゾーンなどの「皮膚が薄い場所」をはじめとして全身要注意です。

5001 Pro.は、全身を優しく洗いたっぷり保湿できます。

しっかりケアして、トラブル解消へ!

顔の潤い不足はわかりやすいですが、全身の皮膚の乾燥はなかなか気がつかないものです。

しかし、潤い不足は、
・黒ずみ
・肌たるみ
など、さまざまなトラブルを引き起こす原因となります。

乾燥していることでターンオーバーが乱れがち。
ターンオーバーが乱れると、黒ずみの原因になるメラニン色素などを角層へ押し出し、皮膚から剥がして落とす働きが鈍るため、汚れや皮膚のハリ感にも影響します。

思っている数倍保湿やケアをして、トラブルを未然に防げるのが一番です。

まとめ

年齢に関わらず、ほうれい線は存在しますが、加齢に伴い目立ちやすくなってきます。しかし、思っている以上にほうれい線が目立つ原因はいくつもあります。
目立つ人と目立たない人の違いは、ケアの方法や「ながら体操」のような日々の習慣が作り出すものです。

気になったその日からでも遅くはありません。日々のセルフケアから予防していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました